材料試験に利用するテストピースを調達するときに理解するべきこと

TOPICS

建てる前に

材料試験というとなんだか一般人には耳慣れない響きです。この材料試験とは非常に重要な物で、何か建物だったり橋だったり歩道橋だったりと何かを作るときには必ず行わなければいけない重要な試験の1つです。試験といっても筆記でするようなものではありませんし、資格が取れるわけでもありません。これはその建造物に利用する材料の耐久性や特徴をテストする為の試験です。これは金属もそうですがゴムやプラスチックに関しても行われる試験です。
これをしないでそのまま工事を実行すれば、思っていたよりも耐久性がなく橋だったら崩壊、ビルだったら崩落してしまうような危険性があります。それに、建物を作る場合にはそこに一体何人の人間が入り、どれだけの期間利用されるのか、どのくらいの付加がかかるのかという問題も計算しておく必要があります。
これらを計算してから材料の強度をそれにあわせておかなければ建てたのに使えない建物ができてしまうことになりますし、耐久人数を示して置かなければ耐えられない様な付加がかかってしまい、最悪の自体につながることだって想定できます。これによって規模や大きさや作りなんかも変化しますから、この材料試験は本当に全ての基礎になってくる部分なのです。

利用する

いざ材料試験を行うとなっても、適当に材料を集めて行うというわけにはいきません。しっかりとこれから利用する建物と同じ材料を同じだけの力が加わり同じように動いてくれるように計算してもってこなければいけないのです。これを怠ればどれだけ材料試験を行っても正確な結果は出てくれませんし、何の意味もなくなってしまいます。
その為にしっかりと実験で正しい結果が出てくれるようにした材料を用意する必要があります。それをテストピースといい、専用の業者が用意してくれる場合もあります。業者によって取り扱っている物は微妙に違いますから、しっかりと自分たちが材料試験を行いたい材料であることを確認しておく必要があります。同じ鉄でもその中から種類がありますし、それによって試験の方法も変化してきます。
何度も検査することもありますから、すぐに在庫がなくなってしまったり、行うべき試験ができないままにならないようにテストピースは十分な量用意する必要があるのです。日本の建築技術や基準は他の国に比べて数段安全性が高くクォリティも非常に優秀ですが、その影には綿密に計算された試験やテストピースの存在があるわけなのです。

基本情報

建築系やそれらの材料に関係する仕事でなければさっぱりかかわることがない材料試験とテストピースの世界ですが、知っていて損はありません。安全性の確認やそれに関する基準もわかるようになります。材料試験やそれに関する情報の基礎的な部分と、なぜこれほどまでに重要なのかについてしっかりと基礎的な知識から学んで1つずつ理解していく必要があります。

試験を行うのにどれだけの時間と機材、そして準備がかかるのかという問題から、何がわかるのかまでの本当に基礎的な部分に関して丁寧に解説しています。誰しもが理解出来る簡単な知識となっており、建築関係の人間ならば必ず頭に入っていなければいけない分野でもあります。

  • 何の為のものか
  • どんなことをするのか
  • 必要なもの
  • 試験機について
  • 材料の種類

扱う材料の詳細

材料試験では様々な材料を扱っており、建築に関係するものから他の分野のものまで様々な材料に大量しています。世界中全ての材料を試験にかけられるというわけではありませんから、対応していないようなものもあります。良く利用されるテストピースから、そうでない物まで様々な材料とその方法、そしてなぜ試験を必要としているのかについての問題を1つ1つ解析していきます。

材料はもちろんですが、何に使うかによって試験で確かめるべきポイントも違います、更には試験業者によってそれに対応している場合としていない場合、得意に不得意という分野もあります。人の安全や命に関わるような問題となっている為に、試験を必要としている人は絶対に安全性や耐久性の確認が出来るように万全の体制でこの試験に挑まなければいけないようになっています。

加工方法

材料試験を行う素材は建築材料としてそのまま利用するばかりではありません。何かしらの加工を行ってから必要な場所に利用することもあります。元々は基準をクリアしているような素材だったとしても、何かしらの加工を施したことによって耐久性が変化したり、加工によって素材自体が変化したり、脆くなったりする場合もあります。ですから、自分が行う加工や今後その素材をどう利用していくのかによって材料試験やテストピースに求めるクォリティにも変化が出てくるようになります。

ここで扱う商品やその耐久性度によってこれからの計画や規模が大きく変動したり、中には基本的な素材部分から全てを見直す必要が出てくることもあります。